佐賀関鉄道廃線跡

佐賀関鉄道の廃線跡。当初は日本鉱業の貨物用として昭和21年に敷設されたが、23年には乗客も乗せる地方鉄道として運行された。昭和38年に鉄道が廃止になった。道中はトンネルや橋梁が多く見られバリエーションに富んでいる。現在は、自転車道や歩道などとして利用されている。

場所:大分市本神崎~佐賀関

関連記事

  1. 室生漁港

  2. 神崎公民館

  3. 辛幸

  4. 佐賀関の海岸(大黒)

  5. 県道佐賀関循環線(635号線)

  6. 小志生木海岸

  7. 黒ヶ浜

  8. 神崎漁港

  9. 佐賀関市民センター