後藤家住宅

国指定重要文化財。18世紀中頃に建てられたと考えられ、かやぶき屋根の寄棟造りで、長大な鴨居や敷居と柱を相欠きにし、土台を設けるなどの手法がとられるなど、当地方における直系農家の好例である。

場所:大分市大字荷尾杵

関連記事

  1. 杵ヶ原川上流

  2. 野津原太田地区の茶畑

  3. 旧いまいち山荘

  4. 丸山神社

  5. 豊後国分寺跡

  6. 弁天島公園

  7. 宇曽獄神社

  8. 毛利空桑旧宅・私塾跡

  9. 武漢の森