戸次本町

古代からの交通の要衝であり、江戸時代には日向街道筋の市場のある在町として発展しました。大庄屋であった帆足家には、田能村竹田、頼山陽など多くの文人墨客が訪れ、文化の薫る農村商易の市として栄えました。現在は、そうした文化遺産を継承し、伝統的な街並みを保存する運動に地域ぐるみで取り組んでいます。

場所:大分市中戸次

関連記事

  1. 河原内地区の棚田

  2. 高田輪中

  3. 青少年の森

  4. 帆足本家

  5. 細地区の街並み

  6. 大野川合戦まつり

  7. 下津留橋

  8. 吉野梅園

  9. 生石港町の街並み