やせうま

小麦粉を練ってのばしたものに、きな粉などを付けて食べる大分の伝統的なおやつ。平安時代に京から逃れてきた若君が好んで食べていたと言われ、乳母の八瀬(やせ)に「やせ、うま(うまいもの)じゃ」とせがんで作ってもらっていたのが由来とされる。

場所:大分市内

関連記事

  1. 大分縣護国神社展望所

  2. 府内五番街

  3. 大分県庁舎から俯瞰

  4. 塚川第一病院

  5. 大分港の突堤(駄原)

  6. さるっこレール

  7. 白木・海が見渡せる道

  8. 明野団地

  9. iichikoグランシアタ