やせうま

小麦粉を練ってのばしたものに、きな粉などを付けて食べる大分の伝統的なおやつ。平安時代に京から逃れてきた若君が好んで食べていたと言われ、乳母の八瀬(やせ)に「やせ、うま(うまいもの)じゃ」とせがんで作ってもらっていたのが由来とされる。

場所:大分市内

関連記事

  1. 金谷迫の森林

  2. 公設地方卸売市場

  3. 曲八幡

  4. 大分川河川敷(大津町)

  5. 大道の古い住宅地

  6. マンション(フレッシュガーデンK)

  7. 高崎山連絡橋

  8. 上野丘公園内の林道

  9. 白木・海が見渡せる道