やせうま

小麦粉を練ってのばしたものに、きな粉などを付けて食べる大分の伝統的なおやつ。平安時代に京から逃れてきた若君が好んで食べていたと言われ、乳母の八瀬(やせ)に「やせ、うま(うまいもの)じゃ」とせがんで作ってもらっていたのが由来とされる。

場所:大分市内

関連記事

  1. 平和市民公園能楽堂

  2. 若草公園

  3. 原川の人道橋

  4. 高崎山自然動物園

  5. 大分七夕まつり

  6. 豊海工場地帯

  7. 高崎山連絡橋

  8. 岩屋寺石仏

  9. 別府湾